【お知らせ】
●2018年4月より、送料が変わりました。詳しくは ■こちら■
開発 5つのポイント
【3】水やアルコール液を一切加えない、青汁酒製法

先生から教わったお酒の製法は
どくだみの生葉を搾った青汁に酵母菌を足し
搾り汁そのものを発酵をさせる「青汁酒製法」でした。
(アルコールや焼酎にどくだみの葉を漬け込む製法ではありません)

ドクダミ酒の製法は大きく分けて
「生搾り青汁酒」と呼ばれる製法と
「浸出液」と呼ばれる製法の2種類があります。

「生搾り青汁酒」の製法はは、 下の参考図1の写真のように
どくだみの「生葉」を、新鮮なうちにそのまま搾った青汁に、酵母菌を加え
青汁そのもの自体を発酵させる製法です。

【参考図1
 「生搾り青汁酒」  先生から教わった製法です。
どくだみ生葉
どくだみの生葉約を

ぎゅっと搾る
どくだみ青汁
どくだみの生葉を
そのまま 搾った
「生搾りの青汁」
※1kgのどくだみから
約600~700gしか搾れません。
【参考図2
「浸出液」
呼ばれる製法

葉を焼酎や
ホワイトリカーに
漬け込む。


一方、「浸出液」の製法は、
右の参考図2の写真のように
焼酎やホワイトリカーに、どくだみの葉を漬け込んで
葉の成分を抽出させた液のお酒です。

写真を比べて頂ければ分かると思うのですが
どくだみの葉の量に対して
出来上がるお酒の量が断然違います。

「浸出液」の製法では、焼酎やホワイトリカーの量があれば
どくだみの葉が少量でも作る事が可能ですが
「生搾り青汁」の製法では、葉の青汁をそのものを発酵させますので
青汁の量の分しかお酒はできません。


また「浸出液」の製法では、乾燥した葉でも作ることができますが
「生搾り青汁酒」の場合は、生葉でないと作ることができません。

青汁には、生葉本来の優れた有効成分
(乾燥葉やどくだみエキスやどくだみ茶にはない成分)が含まれています。
どくだみをフル活用するために
「生搾り青汁酒」の製法を選びました。

また、どくだみエキス、どくだみ抽出エキスというのは一般的に
どくだみの乾燥葉を煎じて煮詰めたものです。青汁ではありません。

この「生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅(じゅっこくばい)」の製法は
もちろん「生搾り青汁」の方の製法で作りました。

※「生搾り青汁酒」
「チンキ」「流エキス」「浸出液」などと表示されているお酒とは違います。

【補足】
水は、商品につける原材料表記ラベルに記載しなくてもいいことになってます。
中には、水がほとんどを占めているようなものも一部にはあります。
「十黒梅」は、水を一切加えず、薄めず作りました。濃度の違いは歴然です。

>>【4】食品会社の商品開発力でおいしく続けられる味を実現


生搾りどくだみ青汁酒、開発の5つのポイント

食品会社が語る本音


お問合せ

食援隊・案内
食援隊・案内

お客様からお寄せ頂きました
「よくある質問」をまとめました。
ご質問がございましたら、
まずはこちらからどうぞ。
●よくある質問・お問合せフォーム●