食品会社が語る本音 


【1】裏ラベル(原材料表記ラベル)の盲点
水は表記しなくてもいい?

世の中にはたくさんの加工食品があふれています。
そして、それらには必ず原材料等を記載した
裏ラベル(一括表記ラベル)を付けるよう義務付けられています。

皆様も手に取ってご覧になられる事が多いと思います。
その中でこんな疑問を感じた事はないでしょうか?

飲料なのに、絶対入っている「水」が書かれていない

本来は、原材料全てをそこに明記しないといけないのですが
特例があり省略できる原材料があるのです。

それは、上記のように明らかに入っていると考えられる原材料
である「水」は 特例として表示の義務はありません。

「なぁ~んだ」と普通に思われるかも知れませんが
実は、ここに「盲点」があるのです。

例えば、
水に●●の汁を加えた「●●ドリンク」という健康飲料があったとします。

極端な話
水がその商品の「99.9%」で、●●の汁が「0.1%」でも
表記ラベルに「●●」と表記できます

また 逆の場合、
水がその商品の「0.1%」で、●●の汁が「99.9%」でも
表記ラベルに「●●」と表記できます。
入っている分量は全く違うのに、原材料表記は同じというわけです。

つまり、原材料表記ラベルだけでは
その飲料にどれだけ「水」が入っているか分からないのです。

また化学の進歩で、それと同じ味がする物質や
成分だけの化学物質が存在する事実があります。

つまり、水がほとんどなのに、それらを使うと
あたかもたくさん入っているかのように感じる思える商品が
安価に出来上がるのです。

例えば、店頭価格で100円の商品があるとします。
現在の流通(製造メーカー→問屋→店頭)という流れの中
各箇所で利益を出そうとすると
原材料に掛けれる費用はほんのわずかしかありません。

また、テレビCMなどの広告を考えると
莫大な費用がかかることが安易に想像できます。

お手頃価格であることは
消費者にとって、非常にメリットがあります。
製品がしっかりとしていて、正当な理由でコストダウンをして、
それが還元されるのであればいいと思います。

私だって、買い物をする消費者の一人です。
お手頃価格の方が嬉しいに決まってます。
少しでも安価に買いたいです。

しかし、それが正当な理由ではなく
単に水で薄めれた商品だとしたら・・・・
それはいかがなものでしょうか?

特に、健康飲料は毎日のキレイ、元気の源です。
実は、製品のほとんどが「水」ということであれば
同じ食品会社として私はとても信じられません。
元気づくりのためにはならないのではないでしょうか?

もちろん、水を大切な要素として、正当な理由で
しっかりと商品開発された製品もあることを、
ここに付け加えさせて頂きます。

だから、私は
正当な理由がなく水を加えないことに決めました。



食品会社が語る本音

生搾りどくだみ青汁酒、開発の5つのポイント

お問合せ

食援隊・案内
食援隊・案内

お客様からお寄せ頂きました
「よくある質問」をまとめました。
ご質問がございましたら、
まずはこちらからどうぞ。
●よくある質問・お問合せフォーム●